都道府県別、住宅の平均敷地面積

家を建てるのにどれくらいの土地が必要になってくるのか、見当がつかないといった方もいるのではないでしょうか。
日本にある家はどれくらいの広さの土地に建てられているのか、
日本政府が出している社会・人口統計体系に「住宅の敷地面積(1住宅当たり)」のデータがあるのでご紹介いたします。
敷地面積とは、建物が建っている敷地の広さのことなので、駐車場や庭なども含んだ土地の大きさです。

■1住宅当たりの敷地面積

北海道 294m2
茨城県 425m2
栃木県 375m2
群馬県 355m2
埼玉県 216m2
千葉県 248m2
東京都 140m2
神奈川県 170m2
愛知県 251m2
大阪府 129m2
福岡県 270m2
全国平均 263m2

関東地方の1都6県と主要都市を抜き出してみました。
まず全国平均は263m2ですので約79.5坪になります。
かなり大きい印象があります。
特に都心部に住んでいる方にとっては、かなり広いと思われるのではないでしょうか。

都市別に見ていくと地域によってかなり広さが異なります。
東京、大阪、神奈川あたりは土地の値段も高いので、1住宅当たりの敷地面積も小さくなっています。
東京だと140m2となっているので、坪に直すと約42.3坪です。
東京といっても、場所によって地価が異なってきますので敷地面積も大きな開きがありますが、
60m2以下の物が20%程度あるというデータもありますので、140m2というのはあくまで平均値ということになります。
60m2でも坪に直すとだいたい18坪ですので、その土地の建ぺい率にもよりますが、3LDKはとれる間取りの家が建てられることが多いです。
都心部ではよく見られる住宅です。
茨城県、栃木県、群馬県の平均敷地面積は300m2を超えています。
都心部から外れると、車も2台3台というのは珍しくなく庭も大きいことが多いですが、それを考慮しても十分な広さと言えます。

もちろん住む人の人数や予算によって、どのような家が適しているかは変わってきます。
この数値は都市別の平均値ですが、これから家を建てるために土地を買おうとしている方、土地は持っているがその土地にどういう風に家を建てようか迷っている方に参考になればと思います。

敷地面積別の間取りプラン例はこちらも参考にしてください。
» 敷地面積59㎡(約17.8坪)以下の間取りプラン例
» 敷地面積60㎡(約18.2坪)〜80㎡(約24.2坪)の間取りプラン例
» 敷地面積81平米(約24.5坪)〜90平米(約27.2坪)の間取りプラン例
» 敷地面積91平米(約27.5坪)〜100平米(約30.3坪)の間取りプラン例