敷地面積60㎡(約18.2坪)〜80㎡(約24.2坪)の間取りプラン例

土地(敷地面積)を20坪持っていてもその20坪全面に家を建てることはできません。
都市計画で用途や地域ごとに30%〜80%の範囲で制限がされています。(一般的な住宅の場合は、60パーセント程度といわれています。)

これを「建ぺい率」といいますが、敷地面積60m²〜80m²で仮に建ぺい率が60%の場合、
家を建てる部分である建築面積は36m²(約10.0坪)〜48m²(約14.5坪)になります。

この敷地面積ですと、いわゆる狭小地といわれる土地になります。
土地の形や隣接する住宅によって、勾配天井やルーフバルコニー、駐車スペースを工夫するなど、土地を最大限に活かすアイデアが必要になってきます。
また、建ぺい率や土地の形状、家の大きさによっては、駐車場のスペースはとれない可能性もあります。

ここでは標準的な建ぺい率60%前後で、敷地面積が60m²から80m²の間取りプラン例についてご紹介いたします。

敷地面積67m²(約20.3坪)、建築面積40m²(約12.1坪)の間取りプラン例

敷地面積67平米、建築面積40平米の間取りプラン例

この例は土地の形は正方形に近い長方形で、駐車スペースと2LDKの間取りが取れています。
敷地面積67m²とあまり大きくない土地ですので、建ぺい率ぎりぎりの建築面積40m²で家を建てています。
それでも、2階建てなのでそこまで部屋数が取れず、建物の各階の床面積の合計である、延べ床面積が欲しいのであれば3階建ても検討してみてもよいかもしれません。
また駐車スペースですが、この例の場合うまく1台分の駐車スペースを確保できていますが、カーポートをつけると屋根が建築面積に含まれるので、建築工事が完了した後の完了検査が通らないことが多いです。
完了検査が通った後にカーポートをつけることはそれほどうるさくいわれないことも多いので、駐車スペースの確保やカーポートの設置などは、家づくりの際にどうするのかあらかじめ決めておくことが重要です。

敷地面積63m²(約19.1坪)、建築面積37.8m²(約11.4坪)の間取りプラン例

敷地面積63平米、建築面積37.8平米の間取りプラン例

こちらは前の例とほぼ同じ面積の土地ですが、駐車スペースがとれなかったので、1階部分の一部を駐車スペースにあてています。
その分3階建てにして、3LDKの間取りを確保しています。
また、駐車スペースの上部も部屋のスペースをとって、限られた建築面積を無駄なく使っています。
3階建てにするのは2階建てよりもちろんコストはかかりますが、敷地を有効活用できるだけでなく、窓を上手に配置することで眺望や彩光が良い家になります。
建ぺい率の他に、その土地の建物の延べ床面積の敷地面積に対する割合である「容積率」にもよりますが、
建築面積が40m²以下の家では3階建ても視野に入れて家づくりを進めると、間取りプランの幅が格段に広がるので検討してみるのも良いでしょう。

敷地面積76.6m²(約23.2坪)、建築面積46m²(約13.9坪)の間取りプラン例

敷地面積76.6平米、建築面積46平米の間取りプラン例

こちらの例は細長い土地で敷地面積76.6m²、建ぺい率が60%ですので、建築面積が46m²とれます。
細長い土地ですが、変形地ではなく長方形だと間取りプランも立てやすいです。
図のように1階は細長い土地を活かして18畳と少し大きめのLDKを持ってきています。
2階は3部屋と収納を取れる広さですので、3LDKの家を十分建てることができます。
また駐車スペースと空いたスペースでガーデニングもすることができます。
特に都内ですと75m&sup2以上の土地を持っていると、駐車スペースと部屋数もそれなりにとれるので、4人家族くらいで住むのも問題ないと言えます。