敷地面積81平米(約24.5坪)〜90平米(約27.2坪)の間取りプラン例

敷地面積81m²(約24.5坪)〜90mm²(約27.2坪)の土地ですと、
建築面積に50m²(約15.1坪)程度とれることも多いので、特に都心部ですと一般的な広さの家になります。
東京23区内でしたら広めの家といってもいいでしょう。

敷地面積80m²あれば、建ぺい率にもよりますが駐車スペースはほとんどの場合持てるでしょう。
変形地などで、駐車スペースがとれないは、ビルトインガレージで車を1階部分に置くというのも1つの方法です。
間取りとしては、2階建てと3階建てにもよりますが、3LDKから5LDKくらいが目安になってきます。

敷地面積83平米(約25.1坪)、建築面積50平米(約15.1坪)の間取りプラン例

敷地面積83平米、建築面積50平米の間取りプラン例

こちらの土地は敷地面積83m²、建ぺい率が60%ですので、建築面積が50m²になり、間取りは4LDKプラス駐車場です。
両隣に家が隣接していますが、玄関前にカースペースをうまく配置しています。
カースペースの分は家小さくなりますが、間取りは4LDKとれているので、5人家族くらいでしたら問題ないでしょう。
どういう家に住みたいかと考えた時に、部屋数(大きさ)と車の有無(台数)は重要な要素になってきます。

敷地面積87平米(約26.3坪)、建築面積52.2平米(約15.8坪)の間取りプラン例

敷地面積87平米、建築面積52.2平米の間取りプラン例

こちらの土地は敷地面積87m²、建ぺい率が60%ですので、建築面積が52.2m²になります。
この土地は4軒の家が隣接していて、路地状部分とよばれる道路にでる土地も含まれており、そこを駐車スペースにしています。
建物の1階部分にあたる建築面積は約15.8坪ありますので、間取りは3LDKでLDKも16畳と広めにとれています。

こういった変形地や道路に面していない土地で注意したいのが、道路に2m以上接した土地でなければならないという「接道義務」です。
接道義務を満たしていない土地は新たに家を建てられませんが、中古の家を買った場合は再建築不可になります。

この例は道路に接しているのが2m以上ですので問題ありませんが、土地を購入するときには「接道義務」について覚えておいたほうがよいでしょう。

敷地面積90平米(約27.2坪)、建築面積54平米(約16.3坪)の間取りプラン例

敷地面積90平米、建築面積54平米の間取りプラン例

こちらの土地は敷地面積90m²、建ぺい率が60%ですので、建築面積が54m²になります。
土地も長方形ですし、敷地面積90m²あり、3階建てにしていますので、都心部では広めの家になります。
間取りも5LDKで駐車スペースもありますので、子どもが多いご家庭や完全同居型の2世帯住宅にも対応できるでしょう。
駐車スペース以外にも空いたスペースがありますので、駐輪場を設置したり小さいガーデニングスペースをつくることもできます。